MMS活用

【MMS計測サービス】

 弊社は、三菱電機MMS(モービルマッピングシステム)という高精度かつ安定した測位を実現する移動式高精度3次元計測システムを搭載した3タイプの車両(以下、MMS計測車という)を保有しており、この車両を使った計測サービスを提供しています。
 詳細は以下のスライドをご覧ください。スライド右下のフルスクリーンボタンを押していただくと見やすくなります。


    

REDcube 

 REDcubeは、MMS計測車で自動取得したデータを用いて、机上で道路設置物(標識・白線等)の測量や図化を可能とした世界初のデスクトップサーベイソフトで、このソフトを活用することで、安全に高精度3次元道路地図(HDマップ)を作成することができます。

 

<特徴>

 REDcubeは、レーザ点データ群およびカメラ画像データ群を元に、地物位置の指定や部分画像の取得などが行えるソフトウェアで、抽出した道路設置物をDWG/DXFに保存することにより、早く・安く・安全に高精度3次元道路地図(HDマップ)の作成に利用することができます。

・交通規制することなく、スピーディに道路データを取得できます。
・測量、調査コストを大幅に削減できます。
・収集したデータはいつでも、誰でもデスクトップサーベイ(机上測量)が可能です。
・平面精度は10cm(1σ)、高さ精度は15cm(1σ)で、高精度に図化することができます。
・平面直角座標系(xyH)、地理座標(BLh)に対応しています。

 

<基本機能>

道路地物抽出 / 平面表示・横断表示・3次元表示、抽出 / DMコード・レイヤ管理 / DWG・DXF・CSV出力
画像切出 /画像連続再生・保存

 

<オプション機能>

白線縁石自動抽出 /マンホール自動抽出 /高密度点群対応 / 道路線形抽出

 

<ソフトウエアの概要>

[画面サンプル]

 

[入力データ]

MMS計測車から出力されたレーザーデータ(3次元座標情報)、画像データ(色情報)を入力します。

 

[出力データ]

道路設置物データ(高精度3次元座標付)をでDWG/DXF形式で出力します。

点、ポリラインデータ

切出し画像

 

<後処理の応用例>

道路台帳図(ラスタ)に標識を重畳

白線抽出(3次元形状データ)

 

【MMSの活用】

■高精度3次元ガイダンス用地図の作成(除雪支援)

MMS計測車で自動取得した点群データとカメラ画像を用いて抽出した道路設置物等をDWG/DXFのファイル形式で保存することにより、3次元図化ソフトウエアのREDcubeとAutoCADソフトを用いることで高精度3次元ガイダンス地図を作成することができます。

■車両開発・実験用の仮想テストコースの作成

MMS計測車で自動取得した点群データを用いて、数式仮想軌道(Virtual Orbit)を利用することで、車載ECU開発と加振機による台上実験用途の3次元道路地図等(凸凹データ)を作成できます。

■自動運転用の高精度3次元道路地図(HDマップ)の作成 

MMS計測車で自動取得した点群データを用いて、自動運転において滑らかなステアリング操作と低燃費の実現に貢献できるクロソイド曲線を用いた数式仮想軌道を実装した高精度3次元道路地図を作成することができます。