3D道路設計CAD「LANDCube」

  • 機能一覧

    線形入力方法:IP点法・片押し法・要素法(要素固定、フリー、コントロール点調整)

    • 01

      IP点の追加・移動・挿入・削除・一括入力

    • 02

      単円オーバー

    • 03

      S型3円パラメータラウンド

    • 04

      S型卵形パラメータラウンド

    • 05

      S型2円直線方向固定(M1、M2点固定直線部削除)

    • 06

      クロソイドメータ

    • 07

      コントロール点・離れ

    • 08

      ランプ調整(直接式/平行式)

    • 09

      設計規格チェック

    • 10

      凸型、ヘアピン線形対応

  • 入力方法
    • 01

      平面線形(クロソイドパラメータA、R)

    • 02

      IP点入力

    • 03

      縦断線形、横断勾配、拡幅すり付け(設計規格設定で自動計算・修正)

    • 04

      片押し入力

    • 05

      要素法

    • 06

      国交省標準交換データ*.xml

    • 07

      複数線形データ入力

  • 入力データ
    • 01

      SIMAデータ

    • 02

      国交省標準交換データ*.xml

    • 03

      標準交換データJ-LandXML*xml

    • 04

      3次元地形図データ(点群・サーフェスデータ)

    • 05

      obj,Las,txt,CSV,PTS,XYZファイル

  • 出力 SIMA SENKEI.DAT
    • 01

      道路中心線形データ(J-LandXML、XML)(国交省)

  • 出力計算書
    • 01

      IP点計算書、中間点計算書、主要点計算書

    • 02

      IP点一覧、主要点一覧

    • 03

      縦断線形要素、計画高計算表

    • 04

      片勾配すりつけ計算表

    • 05

      引き出し勾配、離れ計算書

  • 線形出力計算メニュー
    • 01

      線形計算書の出力(K)

    • 02

      縦断線形要素の出力(Z)

    • 03

      縦断計画高計算表の出力(J)

    • 04

      片勾配すりつけ計算表の出力(B)

    • 05

      引き出し勾配計算書の出力(H)

    • 06

      離れ計算書の出力(Q)

    • 07

      国交省データ交換標準形式出力(V)

    • 08

      LandXML形式出力(W)

    • 09

      SIMA出力(L)

要素法は、道路の路線を選定する際の線形調整手法で、固定される起点終点、及びその間で必ず通したい通過点を複数固定して線形要素(直線・円曲線)と条件を入力することで、効率的に簡単に線形調整できる手法です。
線形要素を固定することで自由な線形要素の円心を自動計算し、直線を残さずに線形調整できる線形調整機能(要素法)が追加され、IP点法や片押し法と共にAlignment Plannerとしてラインアップされました。