舗装道路点検

【舗装道路点検ソリューション】

 本ソリューションは、国土交通省道路局が平成29年3月に発行した舗装点検要領に基づき、「目視又は機器を用いた手法など適切な手法により舗装の状態を把握する」という点検手法を具現化するソリューションで、MMS計測車に搭載されたZ+F製高密度レーザースキャナで計測した点群データと、500万画素の前方左右カメラで撮影した画像データを活用して効率的に路面の損傷状況を把握することができます。
 本ソリューションの主な提供対象道路は下表の分類B・C・Dで、 「補助国道・県道」・ 「政令市一般市道」・「市町村道」がこれに該当します。


<ひび割れ率解析サービス>

 MMS計測車の前方左右カメラ(500万画素)で撮影したフレーム画像からひび割れをAIを活用して自動でトレースし、舗装調査・試験法便覧に記載されている計算方法(50cmメッシュ内のひび割れ本数に応じた面積率を計算)により、100m毎のひび割れ率を集計します。
 また、自動でトレースしたひび割れをREDcubeの画面に表示したり、平面図に展開して根拠図を作成することができます。


自動トレースしたひび割れをREDcubeで表示


【ひび割れを50cmメッシュで平面展開した根拠図のサンプル】


<わだち掘れ量と平たん性の簡単解析>

 ZF製高密度レーザスキャナで計測した点群データを用いて 20m間隔のわだち掘れ量と路面プロファイルメーターと同様の平たん性を解析することができます。

わだち掘れ量解析


平たん性解析

<評価カラーマップ>

 舗装の供用性を「ひび割れ率」「わだち掘れ量」及び「平たん性(σ)」という路面性状値によって定量的に評価するMCIの計算結果を色別(青・黄・赤)に表示することができます。


<舗装道路状態表示
Viewer

 Google Earthを用いて、指定された場所毎に吹き出しにひび割れ領域検出画像とわだち掘れ図を表示するViewerソフトです。



<舗装道路点検ソリューションご提供イメージ>

 ひび割れ率自動解析サービスは、km単価を設定したサービス販売を予定しており、舗装道路状態把握ソフトと舗装道路状態表示Viewerはライセンス販売でご提供させて頂く予定です。

お問い合わせはこちらから