Object ARX

 Object ARXはAutoCAD2017~2020に実装可能な機能で、道路設計業務の効率化を実現できる便利なプログラムです。
 本ページでは、道路設計業務に活用可能な機能をご紹介します。

KebaManSclass

 KebaManSclassは、必要な条件を簡単に設定することで、3次元交差計算で求められたデータに基づき、標準作図の面倒なケバ書きを一発で自動作成できるとても便利なプログラムです。

FlagManSclass

 FlagManSclassは、必要な条件を簡単に設定することで、面倒な旗上げを属性付きで上げることにより数量を自動で書き出して桝の高さも上げることができるとても便利なプログラムです。
 旗上げにはりょうかぎとかたかぎのバージョンがあります。

ZebraManSclass

 ZebraManSclassは、必要な条件を簡単に設定することで、あらゆる路面標示(ゼブラ、つーちょん、レーンマーク、歩道、ハの字、減速マーク等)を簡単に行える究極のゼブラ作成プログラムです。

SenkeiKebaSclass

 SenkeiKebaSclassは、必要な条件を簡単に設定することで、線形の進行方向に合わせて左右のケバを合わせて一発で作成することができる究極の両サイド整えケバ作成プログラムです。

Doryuro

 Doryuroは、必要な条件を簡単に設定することで、作図過程を残すオプションによりステップを確認することが可能な一発作成プログラムです。
 STRAXの保守契約をして頂くことで、無料オプションとしてお使いいただけるプログラムです。